2011年03月23日

空の軌跡3rd

またまたPSU以外のゲームの話。
去年の秋〜冬にかけて、あまり深く考えずに始めたら思いっきり夢中になってしまった空の軌跡シリーズ。
3rdは去年、廉価版が出た時に零の軌跡と一緒に買ってあったんだけど、ずっと手つかずでした。
もともと、3rdはファンディスク的な意味合いが強いとも聞いていたので、やらなくてもいいかな、とか思っていたのです。
でも、零の軌跡への布石みたいなものもあるらしいし、何よりも主人公がSCでお気に入りだったケビン神父だということで、やっぱりやってみるかな、と。(まあ、廉価版が出たから、というのも大きいw)

あ、リースも結構気に入りましたよ。見た目もそうだけど、いつも腹ぺこなところとか言葉遣いとか。ケビンと昔何があったかも気になるし。

で。まあ、まだ序盤も序盤なんですが・・・(最近こんなんばっかしだな^^)

何か、違う。

最初の飛行艇でのイベントからグランセルまでは良い感じで、リースの登場シーンも良かったw
が、その後突如異空間に飛ばされ、ティータと合流して、彼女の後日談を見せられて、で、今アルセイユが見えるエリアに移動してきたところ。

・・・これ、ひょっとしてこの異空間を進んで、順番に前作のキャラと合流してその後日談見せられるわけ?

そう思ったらすっかり萎えてしまって・・・

空の軌跡の良さって、各キャラの魅力ももちろんだけど、住民の息づかいや空気も感じられるような、細かく作り込まれた世界にもあると思うのですよ。街の住民Aの台詞でさえおろそかにしていない、そんなところがすごく気に入っていたのに。

こんな単調な殺風景な誰もいないダンジョンに放り込まれて、言われたとおりに順番に進むだけなんて、ちょっとがっかりです。

各キャラの後日談をイベントシーンとして見せたいのなら、もっと他にやりようあるんじゃないかと。
逆に言えば、わざわざこういう仕掛けにしてるということは、先に進めばいろいろ変化があるのかもしれない・・・とりあえず、そのダンジョン抜けてから評価すればいいじゃないかとも思うんだけど、もう、出だしでつまづいちゃった感じ。

とりあえずこっちは無視して零の軌跡やろうかなあ・・・


うーん。最近こんな序盤だけやってネガネガ言ってる記事ばっかりだ。なんだかなー。
posted by KAN at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43963611

この記事へのトラックバック
banner.jpg