2008年11月17日

奪われた刻印 感想

まだ途中なんだけどね。

苦手な探索型だと思って構えていたら、ステージクリア型に近い感じだった。自分には有り難かったが、逆に探索型からのファンには肩すかしだったのでは。収集要素も少ないらしいし。

前作と比べてモンスターの動きやマップの仕掛けに面白みがない、とかいう話も聞く。前作のことは分からないけど、マップについてはやや単調な気もする。

しかしながら、グラフィック、サウンド、操作性、キーレスポンス、全てが高いレベルにあり、非常にプレイしやすい。(操作性については、装備パレットの切り替えがやりにくいとか、アイテム欄が非常に見にくい等の問題もあるけど)

と、ここまでは好印象なんですが。
どうにも残念で仕方ないのが、グリフの組み合わせと合成。てっきりこれがこのゲームのキモだと思っていたのだが・・・
2つの攻撃ボタンにそれぞれグリフ(武器や魔法などの攻撃手段)を配置することができ、その組み合わせによって攻撃に幅が出たり、特殊攻撃である合成グリフのバリエーションを楽しめる・・・のかと思いきや。
通常攻撃は、違う種類のグリフを組み合わせるよりも、同じグリフを両方のボタンに配置したほうが連続攻撃が強力なので、組み合わせにあまり意味がない。そして、肝心の合成グリフ。どの組み合わせでどんな攻撃ができるのか、それを探す楽しみがあるのだと思っていたのだが、蓋を開けてみれば、違う種類のグリフによる合成グリフはほとんど用意されておらず、あるのは同じグリフの組み合わせによるものか、武器+魔法の組み合わせだけ。それも後者は武器が何であろうと魔法によって発動するものが決まってしまうっぽい。

何というか・・・非常にもったいなあ、という感じで。
もっと面白くなりそうなシステムなんだけどね。なんでこうなってしまったかな。
全体としてみれば決して悪いゲームではないだけに残念でならない。

まあ、最初に書いたようにまだ途中なんで。とりあえずエンディングまでは辿り着きたいと思いますよ。


ところで・・・ふと思ったんだけど、この奪われた刻印は、企画段階では昔のようなステージクリア型のゲームだったんじゃないだろうか。
実際、プレイの感覚もステージクリア型に近いし、それに、今作はシリーズ通してのキーワードである聖なる鞭とベルモンド一族が出てこない、外伝的な位置づけ。
思うに、本家(?)のシリーズが探索型になってしまったため、ドラキュラの名をはずすか、もしくは外伝としてステージクリア型のゲームを作ろうとしたんじゃないだろうかと。

まあ、勝手な想像なんだけど。
でも、悪魔城伝説のようなゲームを今の技術で改めて作ってもらえたらなあ。


というわけで、今日はファミコン引っ張り出そうかな(笑)
posted by KAN at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム一般
この記事へのコメント
悪魔城伝説なつかしいですね。
昔やりましたよ。

なんかあのデスノートか何かを描いていた人がキャラデザやる悪魔城の新作はどうなんでしょうね。

主人公はシモンでアルカードも出るみたですし、昔のような雰囲気を持ちつつ今の3Dグラフィックでやれたら面白そうですけど。
Posted by 真田 at 2008年11月18日 00:06
おっと名前を間違えましたw
違うblogで使ってる名前を出してしまいました。
Posted by ヤコ at 2008年11月18日 00:07
どもども。
刻印はなんだかんだ言いつつも久しぶりの2Dアクションなので、楽しんでますですよ。
ゲームデザインこそ初期とは変わってしまいましたが、このシリーズの動きとかタイミングとかは自分に合っていて非常にやりやすいのです。

>なんかあのデスノートか何かを描いていた人がキャラデザやる悪魔城の新作は
今度Wiiで出るやつですよね。あれ、対戦格闘らしいです・・・そんなわけなので私は全然期待してないです・・・(−−;
Posted by KAN at 2008年11月18日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22985604

この記事へのトラックバック
banner.jpg